港区・品川区の家事代行ならプレシャスライズ

出産後の家事はいつからする?負担軽減にハウスクリーニングを使ってみて!

2018/12/28 豆知識

女性にとって育児と家事の両立は想像以上に負担になるものです。家事をしなければならないという義務感から、出産後間もないにも関わらず家事をしてしまい体が悲鳴をあげてしまうことも。出産後の家事はいつから開始したらいいのか、産後の家事の負担を軽減するにはどうしたらいいのか、女性が悩んでいる出産後の家事について探っていきます。

産後の体にとって家事は想像以上に負担なもの

出産は女性の体にとても大きな負担がのしかかります。出産後の家事は1ヶ月は何もしない方がいい、とよく言われますが、実際は産後1ヶ月であっても体は完全に回復していません。ちょっとした掃除機がけやお皿洗いだけでも、大きな負担になり、ひどい場合には腰痛や頭痛など体の不調を訴える女性も少なくありません。産後は「家事をしなければいけない」という義務感を勇気を出して捨てることも大切です。

産後はいつから家事をしたらいい?

産後の家事について、いつからスタートしたら良いのか疑問に思う人も多いでしょう。産後一ヶ月は家事はしない方がいい、と言われていますが、これは全ての人に共通している訳ではありません。一ヶ月で体が回復する人もいれば、一年経ってもまだ体が完全に回復しない人もいます。大切なのは、人と比べず自分の体をよく理解してあげた上で、無理なく少しずつ家事をスタートすることです。

家事と育児の両立は至難の技

また、産後の女性にとって家事と育児の両立は至難の技と言っても過言ではありません。特にはじめての出産を終えたあとの女性が「世の中のお母さんたちが全員偉大に思える」と感じるのは、それほどまでに育児と家事の両立が大変であるからです。慣れない子育てと家事、両方を完璧にこなすことはまず不可能です。周囲の協力を得ながら、手を抜けるところは手を抜いて、自分のペースで両立すればよいのです。

家事も育児も重労働!

家事と育児に共通して言えることですが、どちらもかなりの重労働です。まだ軽いとはいえ、産まれたばかりの赤ちゃんを抱っこするだけで神経をつかうものです。また、体へのダメージが残ったまま家事をしてしまうと、体の回復がさらに遅くなってしまう場合があります。自分の体は自分が一番わかっているはずです。産後は無理せず、周囲に頼る努力をしましょう。

家事ができない日も自分を責めないで

出産後の女性が抱く感情として「家事ができない私は妻として失格かもしれない」という感情です。責任感のある女性ほど、この気持ちに陥りやすい傾向にありますが、このように自分を責める必要は全くありません。赤ちゃんのお母さんはまぎれもなく自分一人です。産後は思い切って「家事」の優先順位を下げることも大切です。

産後の家事ができないときは?

出産後の女性にとって、家事が思ったようにできないことも多々あるはずです。そのような場合は自分一人で抱え込まず、周囲に頼ることが解決策と言えます。今は家族だけでなく、産後の女性をサポートする様々なサービスがあります。効率よく利用して、体への負担を軽減しましょう。

両親や旦那さんに頼ってみる

「家事ができないな」と感じたときは、まずは家族を頼ってみましょう。旦那さんや両親など、協力してくれる距離にいる場合は思い切って甘えてみましょう。しかし、旦那さんの仕事が忙しかったり、両親と離れて暮らしている場合は、プロの家事代行サービスを利用するのも一つの手です。

プロの業者を頼ってみる

現在では様々な家事代行サービスが充実しています。出産後で体が思うように動かず、家事が負担に感じるときはプロの業者を上手に頼ることをおすすめします。プロの家事代行業者は掃除や洗濯など、依頼すれば様々なサービスに対応してくれます。家事負担軽減のための選択肢の一つとして覚えておくとよいでしょう。

ハウスクリーニングを利用して負担軽減

ハウスクリーニングの代行は、その名の通り自分の代わりに掃除をおこなってくれる業者のことです。住んでいる地域に代行業者があれば、数時間単位で依頼をすることが可能です。掃除をお願いしている間、育児に専念できたり、体をゆっくり休めることができるので、産後の女性で利用する人が年々増加しています。

ハウスクリーニングを上手に利用して育児に専念

ハウスクリーニングに掃除をお願いしている間は、育児に専念できるため子供との時間を満足に確保することができます。家事をしているとどうしても子供への目配りが少なくなりがちですが、代行業者にお願いするとそのような心配もありません。子供との時間を有意義に過ごすことができます。

掃除のプロ!仕上がりも満足

ハウスクリーニングの代行をお願いした場合、驚くほどに家の中がきれいになります。忙しくて行き届かなかった場所まで掃除をしてくれることから、ハウスダストが減り子供を育てる環境としては嬉しい事ばかり。体への負担を軽減すると同時に、プロの仕上がりに満足するはずです。

産後の家事、上手に周りに頼ることがコツ

出産を終えた女性にとって、育児と家事の両立は体に大きな負担となります。「育児も家事も両方こなさなければならない」という責任感を感じる必要はなく、家事が負担になる時には思い切って周囲を頼ってみましょう。クリーニング業者であれば、家事の負担がなくなり、掃除の仕上がりも別格です。出産後の体は自分が一番わかっているはずです。無理せず、自分のペースで家事をスタートすれば良いのです。

おすすめ記事

プレシャスライズ

家事代行のプレシャスライズ

株式会社プレシャスライズ
〒107-0052 東京都港区赤坂4-13-5-1F
AkasakaOfficeHeights
TEL:0120-009-610(フリーダイヤル)
FAX:03-5461-8027

© 2009-2015 プレシャスライズ All rights reserved.

お電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ