港区・品川区の家事代行ならプレシャスライズ

インフルエンザと家事の悩ましい関係は考え方次第でスッキリする

2018/12/28 家事代行

インフルエンザは早期に回復することが自分にも周囲にも重要となる疾患です。また、インフルエンザに罹ると高熱や身体の痛みで家事どころではなくなるものです。ところが、責任感の強い方はインフルエンザでも休まずに無理をすることがあります。

インフルエンザからの早期回復を目指し、思い切って家事を休むには、自分がやらなければならないという考え方を変えることが求められます。インフルエンザに罹ったときの家事について解説します。

インフルエンザに罹ったときの家事のやり方

インフルエンザに罹ったときの家事は、いつもと同じというわけにはいきません。また、同じようにすべきではないです。

普段どおりの家事をする必要はない

インフルエンザは軽視できない疾患だといえます。まずは、回復に努める必要があります。自分が家事をやらなくてはという責任感とは別の問題だと認識しましょう。普段どおりの家事をして、悪化させては元も子もないです。

家電を有効活用する

それでもしなければならない家事があるという場合、普段は手作業でやっている家事であっても、家電を使うことで負担軽減を図ります。たとえば、食器洗いを食洗機に任せることです。食洗機があっても使わない方もいますが、インフルエンザに罹ったときは有効活用しましょう。

インフルエンザに罹ったときの家事は家族で

単身者には無理なことですが、家族がいれば家族に応援してもらいます。普段から家事を分担している家庭であれば、家にいない場合は別として、主婦や主夫がインフルエンザに罹ったときに、一時的に家族の負担を増やすことはそれほど難しいことではないでしょう。

家族に家事を任せたら気にしてはいけない

家族に家事を任せても、ちゃんとできているか気になったり、やり方が違うと苛立ったりすることがあります。しかし、それでは気が休まらず、インフルエンザからの回復にも悪影響です。

さらに、口や手を出すようなことをすれば、ピンチに家事を引き受けてくれた家族への対応としても問題です。しかも、家族への感染リスクを高めます。なるべく離れて休んでおきましょう。

自分は静養に専念して早く復帰することが、結局は家族の負担増を最低限に抑えることにつながります。復帰してから自分の思いどおりの家事をやればよいことです。非常時の家事は完璧を求めるのではなく、間に合えばよいと割り切ることが、早期回復にとって必要なことといえます。

家族がインフルエンザに罹ったら

家族がインフルエンザに罹ったら、可能な限り家事を引き受けて、回復に努めてもらうことが重要です。

このとき、わからないことを少し聞くくらいならいいですが、あれはどうするの、これはどうするのなどと質問を連発するのはいただけません。静養の妨げになるばかりか、こんなことなら自分でやった方がマシだと思わせてしまいかねません。

普段やっていない家事のピンチヒッターであれば、ある程度は雑になっても仕方ないことです。自分にはうまくできないことを毎日やってくれることに対し、感謝の気持ちを持てばよいでしょう。

インフルエンザに罹ったらいつまで家事を休むべきか

インフルエンザは風邪以上にリスクの高い疾患だといえます。その理由は、本人が重篤な状態になるおそれがあることに加えて、周囲へウイルスを拡散させてしまうことです。

回復するまでは家事を休む

インフルエンザは、多くの方が服薬と静養で数日のうちに症状が軽くなります。しかし、高熱が出ている間は予断を許しません。もう大丈夫といえるくらいに回復するまでは、家事を休んでおきましょう。

感染のおそれがある期間はなるべく休む

熱が下がり身体のだるさや痛みなどがやわらいだからといって油断はできません。回復したのだから家事をやっても問題ないと思うところですが、家事には買い物で外出するなど他の人と接触することを含みます。

インフルエンザに罹ると、身体が楽になったあとも数日間はウイルスを排出しています。つまり、その状態で動き回れば周囲への感染を引き起こすおそれがあるのです。インフルエンザのウイルス排出期間は、一般に発症の前日を含み最大8日間程度といわれています。

つまり、発症から数日で症状が軽くなって回復を感じられたとしても、その後3日前後は家事を控えるか、家の中だけで来客にも対応しない家事にとどめましょう。

インフルエンザの予防策

インフルエンザに罹ると厄介なことが多いため、予防が肝心といえます。主な予防策は以下のとおりです。

  • 流行期には人ごみに入るのを避ける
  • 咳をしているなど罹患の疑いがある人に近付かない
  • 外出時はマスクをする
  • 外出から戻ったら入念に手を洗いうがいもする
  • 流行前にワクチン接種をする
  • 部屋を冷やさず適度な湿度を保つ

これらの予防策を用いれば罹患の可能性を下げることができるでしょう。流行前のワクチン接種は予防効果に加え、発症時の重症化を防ぐ効果が大きいといわれています。

また、普段の生活で栄養のバランスを心がけた食事をすることや、疲れをためないように休養を十分取ることも、発症と重症化のリスクに備える策です。

困ったら家事代行サービスがある

インフルエンザに罹ってしまい、誰にも家事を頼れないという場合は、プロにお願いする手があります。

家事代行サービスに頼めること

単身者で誰にも頼れない方や、家族はいるけど家事をする余裕がないという方の強い味方が家事代行サービスです。家事代行サービスでは、家庭で生じる家事のほとんどに対応しています。

  • 掃除・洗濯・片付け
  • 料理・食器洗い
  • 子どものお迎え・おつかい
  • トイレ・風呂掃除

その他、たいていのことは頼めます。

家事代行サービス|港区・品川区の家事代行はプレシャスライズ

代行利用は手抜きではない

家事を他人に頼むことを手抜きと感じる人がいるかもしれません。しかし、インフルエンザで家事代行サービスを利用することは手抜きではなく、現実的でよい対処法です。

自分と家族のためにできることを考える

インフルエンザに罹ったからといって、いつも自分がやっている家事を忘れることは難しいものです。しかし、症状の悪化や家族、周囲への感染リスクなどを考えれば、早期回復のためにおとなしく寝ているのが一番です。

それでも家事のことが気になる場合や、誰も家事をできる人がいないとう場合は、家事代行サービスの利用を考えてみます。もちろん、まだ他にも策はあるかもしれません。自分と家族のために一番よい方法を考えてみましょう。

おすすめ記事

プレシャスライズ

家事代行のプレシャスライズ

株式会社プレシャスライズ
〒107-0052 東京都港区赤坂4-13-5-1F
AkasakaOfficeHeights
TEL:0120-009-610(フリーダイヤル)
FAX:03-5461-8027

© 2009-2015 プレシャスライズ All rights reserved.

お電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ