港区・品川区の家事代行ならプレシャスライズ

台所の油汚れの落とし方!手に優しい方法もご紹介

2018/12/28 豆知識

大掃除の時期になると特に目に付くのが台所の油汚れ。普段から料理をする家庭では、油汚れがコンロや換気扇にべったりということも。ここでは台所の油汚れを簡単に落とすコツ、油汚れに適した掃除用品などをご紹介します。大掃除だけでなく日頃の掃除にも役立ちますのでぜひ、参考にしてみてくださいね。

台所の油汚れを落とすコツ

台所は油汚れのたまりやすい場所ですよね。油汚れは頑固で水だけではなかなか落ちません。強い洗剤で手間のかかる掃除方法を思い浮かべがちですが、実はコツ次第で油汚れを簡単に落とすことができるのです。ここでは油汚れを落とすコツをご紹介します。普段の掃除や大掃除にぜひ実践してみてくださいね。

油汚れの成分は酸性

まず、油汚れ掃除をする前に油汚れの成分を知っておきましょう。成分によって掃除で使う洗剤、道具も変わってくるので重要です。

汚れの成分は酸性とアルカリ性の2種類があります。その中で油汚れの成分は酸性となります。酸性汚れはそのほかに食べこぼしや手あかなどがあります。アルカリ性の汚れは水あかや、尿汚れなどが挙げられます。

油汚れに効く掃除用品は?

酸性である油汚れに効果的な掃除用品はどのようなものなのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

アルカリ性洗剤

酸性の油汚れには、アルカリ性の洗剤を使用します。酸性とアルカリ性を合わせることで、成分が中和。中和すると汚れを溶かすことができるので、汚れが落ちやすくなります。

メラニンスポンジ

メラニンスポンジは水を付けてこするだけで茶渋や油汚れなどを落とすことができます。

仕組みは、少量の水をしみ込ませることで表面を摩耗し、汚れを落とします。

換気扇フードやガス代の汚れ落としに効果的です。しかし、光沢のあるステンレスや漆器等傷がつきやすい場所での使用は避けるようにしましょう。

油汚れの落とし方

ここでは道具を使っての油汚れの落とし方を手順に沿ってご紹介します。

湯につけ置きをして油を浮かせる

油汚れを掃除する際は、まずお湯に浸しましょう。五徳や魚焼きグリルの網、受け皿などは外して、熱湯をためた桶などに浸すことで油汚れが柔らかくなり浮いてきます。

専用洗剤を塗布し放置

油汚れが柔らかくなり浮いてきたらお湯から取り出しアルカリ性洗剤を塗布します。酸性の油汚れにアルカリ性洗剤を合わせることで油汚れを溶かしていきます。その後、スポンジでこすり洗いをするときれいになりますよ。

メラニンスポンジを活用

ちょっとした油汚れなら、メラニンスポンジと水だけでも落とせます。少量の水を含ませて油汚れをこするとポロポロ汚れが取れていきます。メラニンスポンジは摩耗することで汚れを落とすので、傷がついてしまう素材には使えません。使用できるかどうか事前に十分確認してから掃除をしてくださいね。

ナチュラルクリーニングなら洗剤不要

アルカリ性洗剤は手荒れや環境のことを考えると心配という人もいるかと思います。手袋やマスクをしておこなってもペットやお子さんがいる家庭では気になる方は、天然素材を使ったナチュラルクリーニングがおすすめです。

重曹は焦げ付きにも効果的

重曹はアルカリ性の成分で、油汚れにも効果を発揮します。軽い汚れなら100ccの水に小さじ1杯の重曹を混ぜた重曹水をスプレーして、頑固な汚れは水を少量混ぜてペースト状にして塗り、どちらも5分~10分放置してからスポンジでこすると汚れを落とせます。

セスキソーダで油よごれを撃退

セスキ炭酸ソーダは重曹よりもさらにアルカリ性が強いので、油汚れを落とすのに非常に効果的です。ただ、肌に触れると荒れてしまう可能性があるので手袋をするようにしてください。

油汚れ対策のポイント

ここでは、油汚れを手間をかけずにすっきりさせるためのポイントをご紹介します。

少しの手間でため込まない

油汚れを見て見ぬふりをし続けると、どんどん蓄積してこびりつくことで落としにくい頑固汚れとなってしまいます。料理で汚れがはねたりこぼれたりした場合は、そのままにせず、その日のうちにさっと拭くことを心がければ汚れがたまらずに、大変な大掃除も簡単になりますよ。

掃除をする前に準備をしっかり

掃除の途中で洗剤がない、手袋がない、雑巾が足りないということがないようにしっかり準備をしてから掃除をしましょう。雑巾などは多めに用意しておくと足りなくなった時の手間や中断時間を省くことができますよ。

どうしても落ちない油汚れは業者に頼む

油汚れがどうしても落ちなかったり、高い場所や奥まった場所で手が届かなかったりする場合には、ハウスクリーニングを利用すると専用の道具で隅々まできれいにしてくれますよ。自分ではきれいにしたつもりでも見落としている場所があると、そこに汚れが積もってしまいます。プロの力できれいにしてもらうのもひとつの方法です。

正しい油汚れ掃除で台所を簡単きれいに

生活をしていると汚れは発生してしまうものです。水周り汚れ、ほこり、カビなどさまざまな汚れがありますが、なかでも油汚れは見た目に良くなく匂いも伴うのですっきりさせたいですよね。

正しい掃除方法で適した掃除用品を使えば諦めていた油汚れも落ちるかもしれません。また、自分で落とすことが困難な場合はプロの力を使うこともできます。さまざまな方法が選べるので、ぜひご自分に合った掃除方法を利用して、油汚れをすっきりきれいにしてくださいね。

おすすめ記事

プレシャスライズ

家事代行のプレシャスライズ

株式会社プレシャスライズ
〒107-0052 東京都港区赤坂4-13-5-1F
AkasakaOfficeHeights
TEL:0120-009-610(フリーダイヤル)
FAX:03-5461-8027

© 2009-2015 プレシャスライズ All rights reserved.

お電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ